ラマン分光を用いたカーボンナノチューブ(CNT)の状態分析

分析事例

ラマン分光やEELS(電子エネルギー損失分光法)により、状態分析が可能です。
 ラマン分光法により、グラファイト的なGバンドのピークが大きいことがわかります。

図

関連リンク・関連記事

作業の流れ

作業の流れ

このページに関するお問い合わせはこちらから

  • お問い合わせ
  • ご依頼の流れはこちら

JFEテクノリサーチ株式会社 営業本部