関東地区 無料技術セミナー開催のご案内(電池LAB見学会および各種材料評価技術紹介)

当セミナーは終了いたしました。多数の御来場を賜り、ありがとうございました。

平素は格別のお引き立てをいただき、誠にありがとうございます。
  弊社は、2010年4月に電池・材料解析評価センター(通称:電池LAB)を千葉地区に設置し、リチウムイオン二次電池を中心として、電池試作と電池特性評価、電池解析(非大気暴露下取り扱い含む)に取り組んでまいりました。
  この度、1Ahクラスの電池試作を可能とし、試作から評価までの一環評価体制を構築いたしました。開設1周年記念を契機に、電池LAB見学会と、赤外線カメラのデモ、弊社の各種材料評価技術を紹介するセミナーを下記のスケジュールにて開催いたします。
  ご好評頂きました第1 回技術セミナー(6月15日)とほぼ同じ内容で開催させていただきます。
ご多忙中とは存じますが、お繰り合わせの上、ご参加下さいますようお願い申し上げます。

関東地区 無料技術セミナー開催[参加費無料]

開催日時:
平成23年7月27日(水) 13:00~17:00 (受付開始 12:30~)
場 所:
JFEテクノリサーチ ソリューション本部(千葉)
JFEスチール スチール研究所内 講堂 (集合場所:研究所正門)
千葉市中央区川崎町町1番地 電話:043-262-2313(事務局:京野、川越、竹内)
参加費:無料
各分野の専門スタッフが同席させていただきますので、ご質問やご相談等、お気軽にご参加いただければ幸いです。
(同業他社および鉄鋼会社の方はご遠慮下さい。)
ご注意事項:
当日のプログラムに実験室の見学が含まれており、ハイヒールのご着用はご遠慮お願いします。

会場のご案内

JFEテクノリサーチ技術セミナー 会場地図

JFEスチール スチール研究所内講堂(集合場所:研究所正門)

千葉市中央区川崎町町1番地

JR京葉線、内房線、外房線蘇我駅からのアクセス
JR:京葉線、内房線、外房線「蘇我駅」下車・・・徒歩12分
蘇我駅からスチール研究所までバスを用意いたします。駅に配置します案内人にご連絡下さい。
12:25頃と12:40頃の2便。
(混雑する可能性がありますが、ご容赦をお願いいたします。)

※お車での来場はご遠慮下さい。
できる限り、公共交通機関を利用いただくように お願いいたします。

プログラム

13:00~13:05 主催者挨拶(坂田 敬 取締役 ソリューション本部長)
13:05~13:20 「1Ahクラスリチウムイオン二次電池の試作」
この度、導入いたしました連続塗工設備など、1Ahクラスの試作設備と対応技術をご紹介致します。
13:20~14:00 「リチウムイオン二次電池の評価解析技術」
弊社の特徴あるin-situ評価技術(CCDやFT-IR、X-RD)や、非大気暴露下での解体、FIB-SEMやTEMでの観察技術、熱分解GC-MSによるガス分析、劣化電解液分析技術、をご紹介いたします。
14:00~14:20 「赤外線カメラによる解析技術」
近年のCCD技術の発展により、高精度かつ高速の面測定が可能となり、温度測定に限らず、応用範囲が格段に広がっています。電池への適用例とともに、応力分布測定、欠陥(クラック等)検出などの測定事例をご紹介致します。
14:20~14:40 「材料損傷解析技術」
破損破面に残された痕跡には、材料履歴や損傷環境が反映されており、損傷解析を行うことで、損傷対策の有効な知見が得られます。太陽電池パネルなどの有機-無機-金属複合材料を含む、損傷解析~損傷対策の事例をご紹介いたします。
14:40~15:00 「材料特性評価、耐環境評価技術」
材料の静的、動的強度特性の評価や、おかれている環境における腐食などの寿命評価技術をご紹介いたします。
15:00~15:10 前半質疑応答、休憩
15:10~16:28 「電池LAB見学会」 「赤外線カメラデモ(実演)」
この度、導入いたしました連続塗工設備など、1Ahクラスの試作設備から、電池特性評価設備、FIB-SEM、TEM、熱分解GC-MS、in-situ CCD、in-situ XRD、鉄鋼会社で蓄積した物理解析などの評価設備をご見学頂きます。
リチウムイオン電池の発熱測定、解析デモ。
専門スタッフが同席しますので、お気軽にご質問、ご相談下さい。
(大人数のため、班編成にてご見学頂きます。)
16:28~16:38 「電池LABミニ展示」、「コーヒータイム」
16:38~16:45 「質疑応答」
お問い合わせ先
JFEテクノリサーチ(株)ソリューション本部(千葉) (事務局:京野、川越、竹内)
TEL:043-262-2313 FAX:043-262-2199