No.64「インフラ評価技術(2)」

No.64 構造性能センター 特集号
インフラ評価技術(2) ~任意の載荷形態を実現~
Structural Test under Various Loading Patterns

なぜいまこれが?

構造物の部材には、外力が加わります。それにより、圧縮力や引張力、せん断力、曲げモーメント、さらにねじり力とさまざまな力が部材へ多方向から同時に加わります。構造部材の安全性の確認には、それらの多軸荷重状態を反映した試験が必要です。

当センターでは、テストベッド空間を用いて、お客様の要求、製品・構造物にあった試験をオーダーメードで実施しています。

これがポイント!

テストベッド

土木・建築をはじめとする、あらゆる構造物に対して任意の載荷形態をとることが可能です。より実物に近い大型構造物試験には欠かせない空間です。テストベッドの仕様を表1に示します。当センターでは、京浜地区、長沼地区で合わせて計4つのテストベッドを所有しています。耐力床だけでなく、反力壁をもつテストベッドも2面所有しています。また、それぞれのテストベッド空間には、天井クレーンが付帯しており、最大で15トンの能力を有します。試験体形状や重量によって、テストベッドを選択して試験いたします。

表1 テストベッドの仕様
  テストベッド1
(RC)
テストベッド2
(鋼製)
テストベッド3
(RC)
テストベッド4
(SRC)
所在地 京浜地区 京浜地区 長沼地区 長沼地区
耐力床 17.9m × 10.8m 12.0m × 7.8m 10m × 17.85m 12.4m × 20.5m
反力壁 7.2mH × 10.8mW なし 7mH × 9mW なし

試験実施例

・鋼管杭の耐震性能確認試験

港湾構造物の桟橋に用いられる鋼管杭の耐震性能を確認するため、縮尺モデルを用いた正負交番載荷試験を実施しています。試験は図1に示す載荷装置を用いて、鉛直力を油圧ジャッキで試験体に負荷した後、地震力に相当する水平荷重を油圧ジャッキで正負交番載荷しています。これにより試験体の損傷状況(図2)と耐震性能の確認を行っております。

図1 高温腐食試験装置概略図
図1 高温腐食試験装置概略図
図2 鋼管杭座屈状況
図2 鋼管杭座屈状況

当センターは、テストベッド空間を用いたオーダーメードの多軸載荷を行うノウハウを蓄積しています。お気軽にご相談ください。

このページに関するお問い合わせはこちらから

  • お問い合わせ
  • ご依頼の流れはこちら

JFEテクノリサーチ株式会社 営業本部