イメージング分光システム「標準装置」

数多くの研究開発や品質管理の現場で活躍する当社オリジナルの標準装置の一例です。いずれのモデルも柔軟なカスタマイズ対応が可能です。

平面分光測定装置

主な特長

  • A4サイズを約70秒で測定
  • 充実した色解析ソフト

主な用途

  • 印刷物の色彩評価
  • LED検査(色調検査)
  • 蛍光体、フィルム検査
     など
型式 PSA-800 PSA-1000
測定波長範囲 380-800nm 400-1000nm
波長分解能 6nm 11.2nm
画素数 1392×1967 画素
出力データ(Bit) 16bit
測定サイズ 220mm(W)×350mm(L)

ミラースキャン型分光スキャナ装置

主な特長

  • スキャナ機構内蔵
  • 可搬可能な機器構成

主な用途

  • 人体測定
  • 植生観察
  • 農業関連、環境関連
     など
型式 HSC-800 HSC-1000
測定波長範囲 380-800nm 400-1000nm
波長分解能 6nm 11.2nm
画素数 320×240 画素~640×480 画素
出力データ(Bit) 12bit
撮影スキャン速度 2 ~ 4 秒

フラットベッド画像色彩計

主な特長

  • A4サイズを最小40μm分解能で色彩測定
  • 高い色再現性

主な用途

  • 印刷物の色彩評価
  • プリンタの色域解析
  • 文化財アーカイブ など
CMS050-V2
CMS050-V2
型式 CMS050-V2
測定波長範囲 380~800nm / 400~1000nm
測定サイズ 横210mm×縦297mm
波長分解能 2nm(仕様による)
空間分解能 40μm(仕様による)
測定時間 全面プレスキャン:約1分
狭エリアスキャン:約20秒
本スキャン:約10秒
再現性 ⊿E<0.05

高感度イメージング分光顕微鏡

主な特長

  • 顕微鏡視野各点のスペクトルデータを高速測定
  • お手持ちの顕微鏡へ搭載可能
  • 観察用カメラを追加可能

主な用途

  • 細胞観察
  • 蛍光分光測定
  • 再生医療用途
  • 半導体
  • 各種の材料解析 など
型式 PSAM-800HS
測定波長範囲 400~1000nm
波長分解能 2.8nm@30μmスリット
空間分解能 0.71μm@20倍レンズ
ステージ移動量 各軸±75mm
高感度イメージング分光顕微鏡
高感度イメージング分光顕微鏡

その他の標準モデル

応用分野と事例

関連リンク・関連記事

このページに関するお問い合わせはこちらから

  • お問い合わせ
  • ご依頼の流れはこちら

JFEテクノリサーチ株式会社 営業本部