【アンコール配信】デジタル放送局「Aperza TV」
~気流可視化の常識が変わる!屋外でも気流が見える最新事例10選~

株式会社アペルザが運営する製造業向けデジタル放送局「Aperza TV」で5/27(木)・6/2(水)に配信いたしました「気流可視化の常識が変わる!屋外でも気流が見える最新事例10選」のアンコール配信を7月15日に配信しました。ご視聴ありがとうございました

赤外線カメラとパソコンがあれば簡単に気流を可視化できる技術を多数の最新事例を交えながら解説いたしました。

【アンコール配信】気流可視化の常識が変わる!屋外でも気流が見える最新事例10選

 実験室やレーザは不要!赤外線カメラで簡単にできる新技術

【配信日時】

配信終了

【概要】

気流可視化といえば「実験室+レーザ+微粒子」? 気流可視化の常識が変わります。JFEテクノリサーチが開発した技術は、赤外線カメラ(中赤外帯)1つで気流が見えるので、広い工場内の気流や配管の漏れ、自動車などの移動体の内部の気流、事務所内の人の呼気など、これまで諦めていた測定を可能にします。

マスク越しの咳
マスクを着用した場合としない場合、咳をした時の気流の流れを可視化しました。

クリックすると動画が再生されます。

【こんな方におすすめです】

  • 室外の気流を可視化したい研究開発の方
  • CAEを使っている製品開発の方
  • 製品の評価担当の方

関連リンク・関連記事

このページに関するお問い合わせはこちらから

  • お問い合わせ
  • ご依頼の流れはこちら

JFEテクノリサーチ株式会社 営業本部