ディープラーニングのためのデータ前処理サービス、コンサルの提供

ディープラーニングをご自身で気軽に行うためのサービスを提供いたします。

データ前処理サービス、コンサルの概要

ディープラーニングのためのデータ前処理サービス

ディープラーニングを適用することで、数値データを用いた推定、画像データによる判別・判定等を高速、高精度に実現できます。

しかしながら、ディープラーニングの学習に必要な画像や数値データは、フォーマットが揃っている正しいデータを用いないと、精度の高い判定や推定ができません。

画像データ

たくさんの画像が揃っていても、画像のサイズや解像度が異なっている場合は、ディープラーニングや様々な機械学習を適用する際にサイズや解像度の統一が必須となります。適切な画像認識を実現するためには、煩雑な画像の前処理作業を施す必要があります。

数値データ

異なるフォーマットのデータを組合わせて使いたい、データに文字列が含まれている、データ項目の一部が欠落している等の場合には、画像と同じように、ディープラーニングがデータ処理できるように統一する必要があります。

当社の提供サービス

当社では、データサイエンス技術の専門知識を活用し、ディープラーニングや機械学習を適用する際にデータをクレンジングする前処理サービス、及び判定精度向上のためのアルゴリズムのチューニングの支援を提供いたします。

画像データは情報量が数値データよりも多いため、大量の画像データの処理には高速な計算処理能力が必要となってきます。そこで、当社では高速並列処理の豊富な経験を活かしたデータ処理も提供いたします。

オリジナルデータ

オリジナルデータ

データクレンジング

数値前処理

異常値、文字列、欠損のデータセットを除去

画像前処理

  • トリミング
  • サイズ統一
  • 画像回転/鏡像処理

チューニング

チューニング

強度推定例

強度推定例

判別例

判別例

※ 精度は学習の対象に依存するため、数値を保証するものではありません。

ディープラーニング適用事例

セマンティックセグメンテーション例

セマンティックセグメンテーション

画面上の物体判定

良品/不良品の判定例

関連リンク・関連記事

作業の流れ(受託解析の場合)

作業の流れ

このページに関するお問い合わせはこちらから

  • お問い合わせ
  • ご依頼の流れはこちら

JFEテクノリサーチ株式会社 営業本部