脊椎ロッド連結機構の静的強度および疲労強度測定

脊椎インプラントの相互連結強度ならびに部品の緩み耐性を測定します。

静的強度および疲労強度測定技術の概要

メーカーの指示に従い組み合わせられた脊椎連結部品(フック、ネジ、バンドなど)と縦方向のエレメント(ロッド、プレート)に対して 、脊椎インプラント構造の静的試験および疲労試験を実施します。

連結強度の測定条件

対応する規格 ASTM F1798
試験環境 恒温、恒湿、大気中、生理食塩水中(37℃±2)
試験方法 引抜試験、圧縮試験、曲げ試験、ねじり試験
最大荷重 10kN、10N・m
最大繰返し周波数 16Hz
最大繰り返し数 250万回

各種連結強度測定方法

①A-P試験

①A-P試験
 

③屈曲・伸展モーメント試験

③屈曲・伸展モーメント試験
 

⑤軸方向グリッピング能力試験

⑤軸方向グリッピング能力試験

②横方向試験

②横方向試験
 

④横方向モーメント試験

④横方向モーメント試験
 

⑥軸トルク測定試験

⑥軸トルク測定試験

英語などの多国語の試験報告書もおまかせください

ASTM、ISO規格などの試験報告書は、日本語以外に英語でもお出しできます。

また、他の言語に翻訳することもできますので、お問い合せ・ご依頼時に必要な言語をお知らせください。

関連リンク・関連記事

作業の流れ

作業の流れ

このページに関するお問い合わせはこちらから

  • お問い合わせ
  • ご依頼の流れはこちら

JFEテクノリサーチ株式会社 営業本部