脊椎ケージの静的及び疲労試験

脊椎ケージの圧縮、圧縮せん断及びねじり特性を評価いたします。

脊椎ケージの静的強度および疲労試験の概要

脊椎ケージは、脊椎疾患の治療に使用される人工の椎間スペーサーで、その特性評価方法がASTM規格に定められています。

その一つである本試験法は、脊椎ケージの圧縮、圧縮せん断及びねじり特性の評価を行うもので、ASTM F2077に規定されています。

静的試験ではステンレス鋼製ブロックを、疲労試験では樹脂製ブロックを用いて脊椎ケージを挟み込み、圧縮荷重、圧縮せん断荷重及びねじりを加えて、脊椎ケージの強度、剛性等の力学特性を評価します。

対応する規格 ASTM F2077
試験環境 恒温、恒湿、大気中
試験方法 圧縮試験、せん断試験、ねじり試験
最大荷重(圧縮、せん断) 7kN(静的試験)、 10kN(疲労試験)
最大トルク(ねじり) 100N・m(静的試験、疲労試験とも)
最大繰返し周波数 10Hz

脊椎ケージの圧縮、圧縮せん断及びねじり試験

脊椎ケージおよび固定ブロック 脊椎ケージおよび固定ブロック

英語などの多国語の試験報告書もおまかせください

ASTM、ISO規格などの試験報告書は、日本語以外に英語でもお出しできます。

また、他の言語に翻訳することもできますので、お問い合せ・ご依頼時に必要な言語をお知らせください。

関連リンク・関連記事

作業の流れ

作業の流れ

このページに関するお問い合わせはこちらから

  • お問い合わせ
  • ご依頼の流れはこちら

JFEテクノリサーチ株式会社 営業本部