No.27「航空宇宙品質マネジメントシステムの紹介」

No.27
航空宇宙品質マネジメントシステムの紹介 ~リスクマネジメントの応用技術~

現在、JIS Q 9100認証取得に関するサービスの提供はしておりません。

航空宇宙分野の品質システム

民間航空機メーカー(例:ボーイング、エアバス等)は、航空機を構成する数百万点に及ぶ部品類の供給元に対して、厳格な品質保証体制の構築を要求しています。航空機主要部品製造者は、この品質要求を満足する製品を生産可能にする要件となる、ISO9001を基礎とした航空宇宙産業向け「JISQ9100品質マネジメントシステム」の認証維持を達成する必要があります。中小の部品調達・供給業(例として精密加工工程、特殊熱処理工程及び精密鋳造工程)では、上記「JISQ9100認証取得維持」が必須条件となります。

JISQ9100 規格の特徴

航空宇宙JISQ9100の特徴を以下に示します。
(1)図面やソフトウェア管理上識別、変更に係る‘形態管理(構成管理とも呼ばれる)’は、特別な要求事項としてISO9001の要求と共に含まれます。
(2)システム認証の結果は、航空機業界において、認証情報が世界中で自由にアクセス可能なデーターベース‘OASIS’に登録、閲覧され、購買先の品質及び契約等に信頼性が高まります。
 2009年JISQ9100規格は、受注、設計あるいは購買業務に影響の大きい「リスクマネジメント」及び「プロジェクトマネジメント」管理がさらに追加改訂されました。
 従って、管理要素の柔軟な対応がシステムの維持には大切となり、その支援方法を改善することが重要です。

当社の取り組み

当社のマネジメント支援部は、航空宇宙向け品質管理規格「JISQ9100」の認証を実現するために、中小企業に準備、文書作成と運用の3段階でコンサルテイング業務を提供したり、規格の解説や内部監査の指導等顧客のニーズに対応したメニューを提供致します。

 さらに、このシステム改善が更に必要な組織に対しても、短期間で経済的に支援業務の提供を実現しております。

図 航空宇宙品質マネジメントシステムのモデル

このページに関するお問い合わせはこちらから

  • お問い合わせ
  • ご依頼の流れはこちら

JFEテクノリサーチ株式会社 営業本部