No.66「CAEを活用した新たな展開」

No.66 数理ソリューション 特集号
CAEを活用した新たな展開
CAE in Collaboration with Data Science

図1 CAEとデータサイエンス
図1 CAEとデータサイエンス

なぜいまこれが?

計算機の発達とともに、CAE(Computer Aided Engineering)がものづくりに深く関わるようになり、実験に代わる開発の手助けや、トラブル時の原因調査に使われています。

当社におけるCAE技術も、まさにこうした用途にお応えすべく技術力を磨いてまいりました。経験豊富な技術者が、ご指定の形状や条件において予想される結果を数値解析によって高い精度でご提供する事に精通しています(図1)。

しかし、情報関連技術の発達に伴って、ものづくりの現場の膨大な情報を活用したい、あるいは研究開発段階でも多様な条件を考慮したいなど、より多くの条件を考慮できるCAEが求められています。

具体的にはデータサイエンスとCAEを融合・活用することが求められています(図1)。

これがポイント!

当社のCAE技術は、構造・熱流体解析など、ものづくりに関連した分野を得意としています。本特集でご紹介する「構造最適化解析」、「ネジのゆるみ解析」や「原子力施設を対象としたガイドラインに基づく数値解析」は構造解析を、「「粒子」を扱うシミュレーション技術の紹介」は粉流体のCAE技術を紹介しています。

また、CAEとデータサイエンスのコラボレーション例として「CAEとデータサイエンスの融合による数値解析の高速化」をご紹介しています。また、「機械学習によるCT画像のセグメンテーション」は実験データをデータサイエンスによって高度に情報を整理して活用できるようにした事例です。

今回は、具体的な事例をご紹介いたしましたが、当社ではお客様のニーズに合わせたCAEやデータサイエンスの適用をご提案いたします。どうぞお気軽にご相談ください。

このページに関するお問い合わせはこちらから

  • お問い合わせ
  • ご依頼の流れはこちら

JFEテクノリサーチ株式会社 営業本部