主要設備一覧(プロセス試験装置)

高温プロセッシング・湿式プロセッシング

  • 高温水蒸気雰囲気連続酸化試験装置
  • 操業環境対応型TG-DTA試験装置
  • 高温熱重量測定(大型TG)装置
  • 高温雰囲気反応・熱処理試験装置
  • 過酷環境熱衝撃耐久試験装置
  • 急速加熱・冷却制御装置

主要な試験装置となります。上記以外の装置も多数保有しております。

高温水蒸気雰囲気連続酸化試験装置

試験片サイズ 20mm×30mm×2mm (標準)
これ以外のサイズ・形状にも対応いたします。
試験温度 (最高)1500℃
試験雰囲気 加湿空気、水蒸気+各種ガス混合(O2、CO2、CO、H2、N2など)
試験例 鉄鋼材料・非鉄金属材料の水蒸気酸化試験
(酸化スケール形成)
炭化珪素質耐火物の水蒸気酸化試験(侵食)
特徴 • 高温水蒸気での試験対応
• 長期間連続試験対応
水蒸気酸化試験の装置外観
水蒸気酸化試験の装置外観

操業環境対応型TG-DTA試験装置

測定温度範囲 RT~1600℃
昇温速度 0.001~100℃/min
雰囲気流量 200ml/min程度
TG測定レンジ ±250mg
TG分解能 0.03μg
試料容器サイズ 5.2mmφ×5.1mmH
試料量 10mg程度

TG-DTA試験装置外観

高温熱重量測定(大型TG)装置

最高温度 1500℃
試料、
寸法例
大型の試験片でそのまま測定できます
(例:750cc;φ80mm×150mmの大型サイズで混合試料、湿潤試料の評価 が可能)
処理雰囲気 CO、CO2、大気など各種雰囲気での試験が可能
大型TG装置外観
大型TG装置外観

高温雰囲気反応・熱処理試験装置

内寸(mm) 300W×350mmD×350mmH
最高温度 1600℃
炉内雰囲気 大気、窒素(N2)、アルゴン(Ar)、一酸化炭素(CO)、アンモニア(NH3)、水素(H2)、真空対応
備考 炉上部・側面の覗き窓より熱処理中の試料状態の観察が可能
炉上部の開口部を活用し、処理中の添加、追装・サンプリングも可能
多機能熱処理試験炉
多機能熱処理試験炉

過酷環境熱衝撃耐久試験装置

ご要求に応じ、装置のカスタマイズ化をいたします。
(例)1000℃⇔水冷の熱衝撃耐久試験可能

過酷環境熱衝撃耐久試験装置
過酷環境熱衝撃耐久試験装置

急速加熱・冷却制御装置

炉形式 赤外線イメージ炉
試験温度 (最高)1700℃
試験雰囲気 大気、真空、H2,CO,CO2など各種雰囲気に対応
加熱・冷却 急速加熱(max.1000℃/min)
• 急速冷却可能 プログラムPID制御
• ガス冷却機能連動で、多様な熱処理履歴条件に対応可能(途中での保持など)
炉内観察 上部・背面に観察用窓(15mm×20mm)
拡大観察可能:6倍~580倍(19インチモニタ上)
動画記録(温度も画面上に表示)
試料サイズ 標準5mmΦ、最大10mmφ程度(溶解試験の場合)
※固体状態のみの観察の場合は20mmφ程度まで
急速加熱・冷却制御装置
急速加熱・冷却制御装置

このページに関するお問い合わせはこちらから

  • お問い合わせ
  • ご依頼の流れはこちら

JFEテクノリサーチ株式会社 営業本部