CAEを活用した構造物の破損トラブル解決

破損した構造物の破損原因および対策案の効果の定量評価にCAEを活用してみませんか?鉄鋼設備で鍛えられた数値解析・材料・計測の総合力により解決のお手伝いをいたします

破損トラブルには必ず原因があります。CAEによる原因の特定により適切な対策が立案できます。

また、CAEを活用して対策案の効果を事前評価することにより解決の迅速化と低コスト化が可能です。

構造物の応力・ひずみ解析

構造物に作用するひずみ・応力・熱応力などを数値解析により求め、破損原因や対策案の効果を定量評価します。

ご指定の材料の疲労特性の実測も行っております。また、高精度赤外線温度計測(下記 赤外線カメラをご参照ください)により材料の温度変化と応力変化を求め疲労限度を算出する迅速推定も行っております。

関連リンク・関連記事

作業の流れ

作業の流れ

このページに関するお問い合わせはこちらから

JFEテクノリサーチ株式会社 営業本部   FAX:03-3510-3799