ステントの曲げ応力解析

数値解析(CAE)を活用し、曲げ負荷のかかる医療用ステントの力学特性を評価いたします

動脈瘤の治療方法としてステント治療が注目されています。

屈曲した血管内に留置されるステントには、血流からの周期的な圧力だけでなく曲げも加わるため、ステント材料に対する負荷はより大きくなります。

当社では、様々な形状の医療用ステントに対し、曲げ負荷を含む使用環境下における強度評価・変形性能評価を行い、ステントの設計を支援するサービスをご提供いたします。

ステントの曲げ応力解析

仮想形状のステントを人工血管内に納め、血流から受ける圧力および曲げを負荷した解析事例です。強度や変形性能を評価するための様々な結果出力が可能です。

ステントの曲げ応力解析

種々のステントデザインに応じた解析を提供いたします。

関連リンク・関連記事

作業の流れ

作業の流れ

このページに関するお問い合わせはこちらから

JFEテクノリサーチ株式会社 営業本部   FAX:03-3510-3799