高温低サイクル疲労試験

炉温の安定性に優れた電気炉を用い、1200℃までの高温試験が可能です。

高温低サイクル疲労試験機の主な仕様

試験機 MTS社製油圧サーボ疲労試験機
負荷容量 ±100 kN(炉外で試験片をつかむため、高温下でも試験力は落ちません)
最大ストローク ±75 mm
試験温度 300 ℃~1200 ℃(試験片の材質によって変わる場合があります)
加熱方法 電気炉(上記温度範囲において±3℃以内に制御)
軸芯調整治具 有り(ASTM E1012に対応しています)
試験片形状 標点12 mm、丸棒試験片(下段図)
適用材料 金属材料(セラミックス溶射材なども含む)
試験機外観
試験機外観
伸び計
伸び計
ヒステリシス曲線(イメージ)
ヒステリシス曲線(イメージ)

試験片形状

標準的な試験片形状は、下図のとおりです。

試験片形状

関連リンク・関連記事

作業の流れ

作業の流れ

このページに関するお問い合わせはこちらから

  • お問い合わせ
  • ご依頼の流れはこちら

JFEテクノリサーチ株式会社 営業本部