人工股関節寛骨臼シェルの変形試験

ISO 7206-12を参考に、寛骨臼シェルの変形特性を評価いたします。

測定技術の概要(ISO 7206-12)

寛骨臼シェルの変形試験
寛骨臼シェルに対し、直径方向に定荷重を付与し、変形の有無を評価します。
ご指定いただいた面内の直径部で、対称となる2点の内径を測定します。荷重付与前、荷重付与中、除荷後の3回測定し、測定値の差から変形量を求めます。

試験概要

試験規格 ISO 7206-12 “Implants for surgery
— Partial and total hip joint prostheses
— Part 12: Deformation test method for acetabular shells”
試験環境 室温、大気中
試験方法 荷重負荷前後のシェル内径の変化量測定
付与荷重 1 kN
シェルの内径変化量測定方法

シェルの内径変化量測定方法

寛骨臼コンポーネントの接続強さ試験(ASTM F1820)

寛骨臼コンポーネントの接続強さ試験(ASTM F1820)も実施できます。併せてご検討ください。

単純軸荷重接続強さ測定方法

単純軸荷重接続強さ測定方法

オフセット荷重接続強さ測定方法

オフセット荷重接続強さ測定方法

ねじりモーメント接続強さ測定方法

ねじりモーメント接続強さ測定方法

英語などの多国語の試験報告書もおまかせください

ASTM、ISO規格などの試験報告書は、日本語以外に英語でもお出しできます。

また、他の言語に翻訳することもできますので、お問い合せ・ご依頼時に必要な言語をお知らせください。

関連リンク・関連記事

作業の流れ

作業の流れ

このページに関するお問い合わせはこちらから

  • お問い合わせ
  • ご依頼の流れはこちら

JFEテクノリサーチ株式会社 営業本部