コンプレッションヒップスクリュー(CHS)の曲げ試験

大腿骨頚部骨折固定器具CHSの耐久性を圧縮曲げ疲労試験により評価します。

測定技術の概要

大腿骨頚部に用いるCHSには、圧縮荷重と曲げモーメントが作用します。JIS T 0313あるいはASTM F384に準拠し、ラグスクリューとプレートを組み立てた状態のCHSの圧縮曲げ耐久性を評価します。

試験概要

対応する規格 JIS T 0313 「金属製骨接合用品の圧縮曲げ試験方法」
ASTM F 384 「Standard Specifications and Test Methods for Metallic Angled Orthopedic Fracture Fixation Devices(金属製骨折固定用アングルの試験方法)」
試験環境 室温、大気中
試験方法 圧縮曲げ疲労試験
繰返し周波数 1~3Hz*
繰り返し数 100万回*

測定技術の概要

疲労試験外観写真

疲労試験外観写真

荷重-繰返し数線図の例

繰返し数 (cycles)

荷重-繰返し数線図の例

英語などの多国語の試験報告書もおまかせください

ASTM、ISO規格などの試験報告書は、日本語以外に英語でもお出しできます。

また、他の言語に翻訳することもできますので、お問い合せ・ご依頼時に必要な言語をお知らせください。

関連リンク・関連記事

作業の流れ

作業の流れ

このページに関するお問い合わせはこちらから

  • お問い合わせ
  • ご依頼の流れはこちら

JFEテクノリサーチ株式会社 営業本部