樹脂包埋材を用いた歯科インプラント疲労試験

包埋材を用いて固定した歯科インプラントの耐久性を疲労試験により評価します。

測定技術の概要

ISO 14801に規定される樹脂により、歯科インプラントの骨固定部を包埋した上で疲労試験を行います。

試験概要

対応する規格 ISO 14801 「歯科-インプラント-歯科用骨内インプラントの動的疲労試験」
試験環境 20℃ ± 5、恒湿、大気中/ 37℃ ± 2、水中
包埋材 アクリル樹脂 (弾性率 > 3GPa)
試験方法 圧縮疲労試験
繰返し周波数 ≦15Hz、大気中/≦2Hz、水中
最大繰返し数 500万回

測定方法 概略図

歯科インプラント

樹脂包埋位置概略図

樹脂包埋位置 概略図

披露試験外観

疲労試験外観

英語などの多国語の試験報告書もおまかせください

ASTM、ISO規格などの試験報告書は、日本語以外に英語でもお出しできます。

また、他の言語に翻訳することもできますので、お問い合せ・ご依頼時に必要な言語をお知らせください。

関連リンク・関連記事

作業の流れ

作業の流れ

このページに関するお問い合わせはこちらから

  • お問い合わせ
  • ご依頼の流れはこちら

JFEテクノリサーチ株式会社 営業本部