歯科用インプラントの表面粗さ測定

歯科用インプラント承認基準に基づいた表面粗さ測定をお手伝いいたします。

試験機の概要

非接触測定による材料の微細な表面形状・表面粗さなどの評価に利用
非接触測定による材料の微細な
表面形状・表面粗さなどの評価に利用
レーザ顕微鏡の仕様

超深度形状測定顕微鏡:
VK-8510、(株)キーエンス社製

項目 内容
光源 赤色半導体レーザー
15型モニタ倍率 200~2000倍
対物レンズ倍率 ×10、×20、×50、×100
高さ方向最小分解能 0.01μm

表面粗さ測定に係わる参考規格

【薬食発第0525004号】
歯科用インプラント承認基準の制定について

表面観察の実施例

実施例

画面の中心軸と垂直な方向に対し、測定長さ256μm、対物倍率50倍、画像の取得データ数1024で粗さデータを取得します。

平均算術粗さ(Ra)、最大高さ(Rz)をカットオフ(ハイパスフィルタ)は適用せずにμm単位で算出します。

スクリュ谷部の異なる3箇所で行い、各平均値を算出します。

作業の流れ

作業の流れ

このページに関するお問い合わせはこちらから

  • お問い合わせ
  • ご依頼の流れはこちら

JFEテクノリサーチ株式会社 営業本部