応力腐食割れ(SCC)試験

試験の概要

各種の腐食環境、応力負荷状況を模擬した応力腐食割れ(Stress Corrosion Cracking)試験が実施可能です。

  • 応力を負荷した試験片を腐食溶液中に浸漬して、
    • 割れが発生する時間(tf)
    • 割れ発生の下限界応力(σscc)
    • 割れ発生の下限界応力拡大係数(KISCC) などを測定します。
  • 腐食溶液
    沸騰42%MgCl2、沸騰30%CaCl2、NH4NO3溶液、 酸、アルカリ、H2S飽和溶液、アンモニア水など
  • 応力負荷方法
    定荷重引張、定ひずみ曲げ、予き裂付き試験片低ひずみ速度引張(SSRT) など

4点曲げ試験:EFC17

4点曲げ試験:EFC17

シェルベンド試験:NACE TM0177Method B

シェルベンド試験:NACE TM0177Method B

C-リング試験:NACE TM0177Method C

C-リング試験:NACE TM0177Method C

DCB試験:NACE TM0177Method D

DCB試験:NACE TM0177Method D

単軸定荷重SSC(硫化物応力腐食割れ)試験:NACE TM0177 Method A

試験片
試験片
単軸定荷重SSC(硫化物応力腐食割れ)試験

関連リンク・関連記事

このページに関するお問い合わせはこちらから

  • お問い合わせ
  • ご依頼の流れはこちら

JFEテクノリサーチ株式会社 営業本部