自動車排気凝縮水による腐食試験

自動車用マフラ-やEGRクーラーなど排気凝縮水が生じる特殊な腐食環境の試験を実施いたします。

※EGR : 排気再循環(Exhaust Gas Recirculation)

排気凝縮水を模擬した液体による自動車用マフラー内部の腐食試験方法(JASO M 611-92/A法、B法)

  • 当社では、自動車技術会制定の規格「JASO M 611-92」に準拠した試験および評価を実施しております。
  • 最近では、EGRクーラーに生じる排気凝縮水による腐食も問題となっており、類似の方法により評価できます。
  • お客様のご要望の試験条件に改訂した試験および評価も承っております。

JASO M 611-92 A法(半浸漬法)

JASO M 611-92 A法(半浸漬法)

試験液の成分濃度 試験液のPH 試験温度×試験時間
Cl 100ppm
NO3 20ppm
SO32- 600ppm
SO42- 600ppm
CH3COOH 800ppm
4.0±0.2 (80±2)℃×500h
※試験温度一定

JASO M 611-92 B法(サイクル法)

JASO M 611-92 B法(サイクル法)

試験液の成分濃度 試験液のPH 試験温度×試験時間
Cl 100ppm
NO3 20ppm
SO32- 600ppm
SO42- 600ppm
CH3COOH 800ppm
8.0±0.2 下記サイクルを4サイクル

1サイクル(下図参照)
(80±2)℃×(24±2)h×5回
(250±10)℃×(24±2)h×1回

1サイクルの温度パタ-ン

1サイクルの温度パタ-ン

<恒温水槽で実施>


80℃の蒸発乾燥過程の試験状況

試験実施後の腐食量の評価

  • 腐食減量
    ⇒試験前後の重量差より算出
  • 腐食深さ
    ⇒ポイントマイクロメーター(またはレーザ粗さ計)にて孔食深さを測定し、所定の方法で評価

EGRクーラーを対象とした試験条件の例

JASO規格試験の条件を変更して評価

試験液の成分濃度例

Cl:~300(ppm)
NO2:~400
NO3:~400
SO3:~300
SO42-:~1300
HCHO:~400
HCOOH:~400
CH3COOH:~2000

試験液pH

1.0~8.5

乾燥・湿潤条件

  • JASO M 611-92 B法類似の乾燥・湿潤試験
  • JASO M 611-92 B法における高温加熱条件を変更:~900℃
  • その他ご要望に応じて 変更可能

JASO規格による試験での実例

SUS316L、SUS304LをJASO M 611-92のB法にて試験

腐食減量

孔食発生状況


SUS316L表面に形成された孔食部のマイクロスコープ写真

関連リンク・関連記事

このページに関するお問い合わせはこちらから

  • お問い合わせ
  • ご依頼の流れはこちら

JFEテクノリサーチ株式会社 営業本部