模擬骨の圧縮試験(ASTM規格参考)

ASTM F1839、D1621を参考規格とし、模擬骨の圧縮試験を実施します。

試験の概要

島津製作所製50kNオートグラフ試験機を使用して圧縮試験を実施し、模擬骨の圧縮強度、圧縮剛性を求めます。参考規格を 以下に示します。

  • ASTM F1839-08(2016) Standard Specification for Rigid Polyurethane Foam for Use as a Standard Material for Testing Orthopaedic Devices and Instruments
  • ASTM D1621-16 Standard Test Method for Compressive Properties of Rigid Cellular Plastics

測定例

  • サンプルサイズ:50.8×50.8×25.4 mm
  • 使用ロードセル:50kN
  • 試験速度:2.54mm/min
荷重-変位線図

荷重-変位線図

50kNオートグラフ試験機

50kNオートグラフ試験機

試験状況

試験状況

模擬骨を使用した各種試験について

インプラント材料評価センターでは、模擬骨を使用した以下のような試験も実施しております。

  • 模擬骨に取り付けたインプラント材料の各種評価試験(静的試験、疲労試験、溶液中も対応可能)
  • JIS T 0311:2009 金属製骨ねじの機械的試験方法(ISO/IEC 17025:2005認定保有)
  • ASTM F543-17 Standard Specification and Test Methods for Metallic Medical Bone Screws(ISO/IEC 17025:2005認定保有)
  • ASTM F2193-18a Standard Specifications and Test Methods for Components Used in the Surgical Fixation of the Spinal /Skeletal System(ISO/IEC 17025:2005認定保有)

英語などの多国語の試験報告書もおまかせください

ASTM、ISO規格などの試験報告書は、日本語以外に英語でもお出しできます。

また、他の言語に翻訳することもできますので、お問い合せ・ご依頼時に必要な言語をお知らせください。

関連リンク・関連記事

作業の流れ

作業の流れ

このページに関するお問い合わせはこちらから

  • お問い合わせ
  • ご依頼の流れはこちら

JFEテクノリサーチ株式会社 営業本部