体内固定用プレートの曲げ疲労試験

【JIS規格準拠】 繰返し荷重の掛かる体内固定用プレートの疲労強度を評価いたします。

測定技術の概要

体内固定用プレートの破損は、多くが骨折線付近のネジ穴からの破損によるため、材料力学的には4点曲げ試験による評価が推奨されています。
4点曲げ疲労試験は、新しい材料を用いた製品の耐久性を評価する場合に有効です。
また、試験はJIS規格に準拠し、曲げ荷重の作用する骨接合用品の耐久性を評価します。

試験概要

対応するJIS規格 JIS T 0312 金属製骨接合用品の曲げ試験方法
試験環境 室温、常温、大気中
試験方法 4点曲げ疲労試験
荷重周波数 1~5Hz
調査対象の医療機器の例 プレート、CHS(Compression Hip Screw)、ネイル、髄内釘、ネジなど

4点曲げ疲労強度測定の例

体内固定用プレートの4点曲げ疲労試験例

【試験条件】
試験環境: 室温、常湿、大気中
繰返し周波数: 3Hz
試験片: 8穴プレート(Ti)
試験冶具例
試験冶具例
破断までの繰返し数 (cycles)
破断までの繰返し数 (cycles)

関連リンク・関連記事

作業の流れ

作業の流れ

このページに関するお問い合わせはこちらから

  • お問い合わせ
  • ご依頼の流れはこちら

JFEテクノリサーチ株式会社 営業本部