ステントグラフトの曲げ性試験

キンクなどの防止に必要となる曲げ性を測定いたします。

測定技術の概要

ステントグラフトとは、人工血管にステントを取り付けた医療機器で、その曲げ性能を把握することは重要です。当社では、ステントグラフトの一端を掴んだ状態で、他端を円弧に沿って回転させた際の曲げ角度-曲げ荷重曲線から、最大曲げ荷重や単位角度当りの荷重等の曲げ性を評価いたします。ステントの径が小さい場合は、3点曲げ試験や片持ち支持試験を実施いたします。

試験冶具や試験条件は、JIS T 0401 「ステントグラフトの機械的試験方法」に準拠します。

試験概要

試験体 ステントグラフト、ステント
試験規格 JIS T 0401「ステントグラフトの機械的試験方法」
試験環境 大気中
試験方法 静的試験
最大荷重 250N
最大曲げ角度 ±50度

ご相談ください。

ステントグラフトの曲げ性試験概略図

曲げ試験

曲げ試験

小径(≦φ20)用曲げ試験

小径(≦φ20)用曲げ試験

関連リンク・関連記事

作業の流れ

作業の流れ

このページに関するお問い合わせはこちらから

  • お問い合わせ
  • ご依頼の流れはこちら

JFEテクノリサーチ株式会社 営業本部