赤外線カメラによるカテーテル、ステントの応力分布測定

カテーテル、ステントなどの医療器具の応力分布を非接触で測定します。

赤外線カメラによるカテーテル、ステントの応力分布測定の概要

  • 測定の困難なカテーテル、ステントの応力分布を測定します。
  • 既成製品との比較を行い薬事法認定試験の支援をいたします。
  • サファイアやPEなど赤外線透過素材を使用した疑似血管を使うことで、血管に与える応力分布を観察することも可能です。
  • 赤外線カメラによる非接触応力測定技術(熱弾性効果)を応用した応力測定です。
  • 拡大レンズによる撮影が可能です。(最少空間分解能:10μm)

測定例

カテーテルバルーンの圧力を周期的に変化させて温度変化を赤外線カメラで撮影
カテーテルバルーンの圧力を周期的に変化させて
温度変化を赤外線カメラで撮影
測定概略図
測定概略図

カテーテルバルーンの温度の時間変化
カテーテルバルーンの温度の時間変化
応力分布画像
応力分布画像

関連リンク・関連記事

作業の流れ

作業の流れ

このページに関するお問い合わせはこちらから

  • お問い合わせ
  • ご依頼の流れはこちら

JFEテクノリサーチ株式会社 営業本部