XPS(X線光電子分光法)を用いた缶用スズめっき鋼板のCr形態分析

分析事例

缶詰に用いられる缶用鋼板(ブリキ)は錫メッキした後に更にクロメート処理されます。 Cr(クロム)とSn(スズ)は金属、酸化物、水酸化物の形態で存在しますが、主にどの形態にコントロールするかは缶詰の内容物によって決られています。

XPS(X線光電子分光法)は表面に存在する元素の同定のみならずその元素の化学結合形態も判別できるのが最大の特長です。

下図にXPSの測定結果の例を示します。クロメートは斑状に錫メッキの上に載っているのでCrとSnの両元素の情報が得られます。本例ではCrは金属Crとしてではなく水酸化Crと酸化Crとして、Snは金属Snと水酸化Snとして存在している事が判ります。

錫メッキ層Cr形態分析

作業の流れ

作業の流れ

このページに関するお問い合わせはこちらから

  • お問い合わせ
  • ご依頼の流れはこちら

JFEテクノリサーチ株式会社 営業本部