高精度赤外線カメラ

高精度赤外線カメラ(電池セルの放熱・発熱解析
高精度赤外線カメラ

電池性能における劣化因子に蓄熱による局部発熱の影響があります。
放熱設計は、計算による方法も多様されますが、実際の挙動把握・検証には実測することが有効な情報となります。
温度センサーや熱電対などでは細かい分布を見ることはできませんが、弊社が保有する高精度赤外線カメラを用いれば、実体ベースでの温度分布を調査することが可能です。

温度測定の主な仕様

温度測定範囲 5~1500℃
温度分解能 25mk以下(25℃の場合)
フレームレート 380コマ/s(最大20,000コマ/s)
赤外線検知波長帯域 3~5μm

その他の解析・評価可能な対応例

関連リンク・関連記事

このページに関するお問い合わせはこちらから

  • お問い合わせ
  • ご依頼の流れはこちら

JFEテクノリサーチ株式会社 営業本部