金属材料・鉄鋼材料の強度・熱処理・加工・溶接に関する分析

EBSDによる断面方位・歪分布解析
EBSDによる断面方位・歪分布解析

金属材料・鉄鋼材料の強度(疲労クリープ靭性)に影響を与える因子には、次のようなものがあります。

強度向上、熱処理条件適正化、加工性・溶接性・摺動性向上のため、また、これらの故障解析のため、適正な解析結果を提供します。

金属の強度を反映する金属組織や破壊した破面観察(フラクトグラフィ)のミクロ・マクロな観察から、電子顕微鏡(EM)による結晶粒、結晶粒界、合金相、転位、結晶粒内微細構造観察・走査電子顕微鏡-エネルギー分散型X線分析(SEM-EDX、EPMA)、透過電子顕微鏡-エネルギー分散型X線分析/電子エネルギー損失分光法(TEM-EDX/EELS)分析、表面分析による元素分析を行います。

X線回折法(XRD)や後方散乱電子回折(EBSD)による集合組織・配向の評価、残留オーステナイト相の定量も評価いたします。

形態観察

元素分析

高強度化や強度低下の要因となる析出物・介在物について、マクロからナノスケールで観察、分析いたします。

元素分析

結晶構造解析

高強度化や強度低下の要因となる結晶粒界について、マクロからナノスケールで観察・分析いたします。

形態観察

元素分析

強度部材の主成分、微量成分を分析いたします。

化学分析

  • 主成分分析
  • 微量元素分析、ガス成分分析
  • 相別析出物分析

関連リンク・関連記事

作業の流れ

作業の流れ

このページに関するお問い合わせはこちらから

  • お問い合わせ
  • ご依頼の流れはこちら

JFEテクノリサーチ株式会社 営業本部